140

『美しい星』、CBA、平野威馬雄

2017-05-04

三島由紀夫の『美しい星』をもとにした映画がまもなく公開されるそうですね。重一郎は原作とは違いお天気キャスターという設定で、リリーフランキーが演じるとか。一体どういうふうになるんでしょう。期待と不安がない交ぜになるとはこのことです。

『美しい星』は、1960年代に活発な活動をしていたCBA(宇宙友好協会)という実在の空飛ぶ円盤研究団体のコンタクティ...

138

『定本 何かが空を飛んでいる』稲生 平太郎著

2017-04-15

円盤は悲しい。 円盤は恥ずかしい。 (掲題誌P14)

「円盤は悲しい。円盤は恥ずかしい。」全くそのとおり。なんて簡潔で的を射た言葉でしょう。そして、1冊をとても面白く読んだ。昔(1990年代)の本の復刻なので、内容も古く、きっとミーハーな本だろうと正直言って勝手に誤解していた。間違いでした。これはとても良い本です。 良い考察であるとともに、良いまとめでもあります。

104

『なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか』

2011-05-15

唐沢俊一氏の『新・UFO入門』で述べられている「UFO問題はそれを見る人たちの中にある」という問題提起に触発されて始めた当ブログだが、全く更新しないまま長い期間(もう2年以上!)放置してしまった。おそらく御存じのとおり、当の唐沢氏の本は、他人の複数のブログからの記事盗用が明らかになり唐沢氏自身により自主廃版となった。 一方、70年代に集めたUFO研究誌を紐解いていこうというが、このブログのひ...

105

経済不況とUFO—70年代の日本

2008-11-28

半年ほど前から米国ニューヨークに来ているため、紹介したい資料が手元になく、このブログを休止している。来月帰国するので、来年1月から資料の紹介を再開したいと思う。 ところで、今週、米国ニューステレビ局CNNが朝の番組で”IN SEARCH OF ALIENS”という短い時間のコラム的なシリーズを放送している。内容は、月曜はUFOを見たという元米軍パイロットや、ユーフォロジストにはおなじみのアポ...

106

ブーム直前:1973年

2008-02-16

『地球ロマン 復刊2号』(1976年10月)の「日本円盤運動の光と影」と題する座談会のなかで、1973年前後の「円盤運動」の動向について触れている部分がある。ちょっと長いが引用する。

 ブームの火付け役は確かにマスコミだったけれど、やはりその前後の円盤研究家の動向にも注目する必要があるんじゃないかな。例えばGAP(※1)の久保田さんが、73年...

Wordpress logo notext rgb

はじめに

2008-02-06

以前から、僕が1970年代に興味を持ったUFOと、そのころの体験や収集した資料について整理したいと思っていた。 このブログを立ち上げた理由はそれなのだが、きっかけになったのは最近刊行された『新・UFO入門』(唐沢俊一著、幻冬舎新書)という本である。 この中で唐沢氏は「UFOの真実は、UFOにはない。そのUFOを目撃し、あるいはアブダクションやインプラント(機械類の埋め込み)をされた、人々の...

BLOGSはNakaiのいくつかのブログのフィードのタイトルと冒頭を集めて表示しています。上部のカテゴリ・メニューがそれぞれブログに対応しいて、クリックでフィードを絞り込めます。

PHOTO DIALY

鴨川公園 IMG_7525 IMG_7641 IMG_7987 Golden Gate Bridge, San Francisco Kobe Oike, Kyoto Nedu Museum, Tokyo MOA Museum Ichijo Modoribashi, Kyoto IMG_7660 Yokohama Landmark Motomachi Machida Yokohama Landmark Yokohama Museum IMG_3165 yae Kamogawa Kojinguchi Shikaribetsu

MY TWEET